Local contribution

当社の部活動紹介です。私たちは、地域をたのしみ、魅力を発信することが、青森県の発展に繋がると信じています。

ランニングクラブ

スポーツクラブ「アスリートクラブ東北」様と共同で、青森県内を中心に各地の大会に積極的に参加しています。スポーツを通じて、地域と企業の絆を深めながら「楽しさ」を大事に活動しています。

詳しく見る 「地域とつながる」ページへ
ランニングクラブ

2023.11.23果樹の里 なんぶリレーマラソン2023

南部町ふるさと運動公園陸上競技場で開催された果樹の里なんぶリレーマラソンに参加しました。
今回もアスリートクラブ東北さまにご協力頂きながら2チーム構成で順位を狙いにいきましたが、結果は…!

2023.11.05第8回 八戸リレーマラソン

青森クリエイトランニングクラブが八戸市東運動公園で開催された八戸リレーマラソンに参加しました。今回もアスリートクラブ東北さまにご協力頂いて、襷を繋いでハーフの距離を走る形式でしたが最後まで楽しく走り切ることが出来ました。

一覧を見る

青森釣りエイトどんですか?

社内に限らず、近隣企業や関連会社の幅広い年齢層の釣り好き社員が集まり、源氏ヶ浦漁港(横浜町)から海に出ています。釣れた人も釣れなかった人もみんなで⻘森の海を楽しんでいます。

青森釣りエイトどんですか?

2023.09.302023年秋の鯛釣り大会

横浜町 源氏ヶ浦にて秋の鯛釣り大会を開催しました。
大会にはいつものメンバー以外にも新規のチャレンジャーも参戦しましたが、例に見ない爆釣となりました!!

2022.10.012022年秋の鯛釣り大会

10月の鯛釣り大会を開催し、関係各社の釣り好きも含め横浜町の源氏ヶ浦に集いました。今回のむつ湾は波が静かでしたが、素人にとっては逆に船酔いを誘発されました…(笑)
釣果も船によって差が出ましたが、皆様全力で楽しみました!

一覧を見る

ソロキャンプ愛好会

青森県内各地のキャンプ場に出向き、青森の四季を堪能しています。ルールに縛られない、自由で開放的な1日を楽しんでいます。

ソロキャンプ愛好会
大倉ふるさとセンターでのソロキャンプ!(byカクタ)

2023.10.23大倉ふるさとセンターでのソロキャンプ!(byカクタ)

皆さん、はじめまして。キャンプ好きのカクタと言います。 私は「キャンプするぞ!」というよりも「観光ついでにキャンプでもすっか」というパターンが多いです。 ホテル代も浮くし、キャンプもできるし、時間にもゆとりができるのでオススメですよ! 今回は青森県を出て、宮城県仙台市で行ったデュオキャンプレポートを書かせてもらいます。 (ソロじゃなくてごめんなさい) ●今回のキャンプポイント 「大倉ふるさとセンター」 ※仙台駅から車で約45分 広い芝生なのにお客も少なくて、とってもいい感じです。 ただ到着時から雨が降ってきていたので急いで準備して約10分ほどで設営が完了しました。 設営といってもテントと、大き目のタープを立てるだけです。 立て終わったあたりで晴れてきやがりましたが、おかげで助かりました。 キャンプの道具は全然こだわりがないのでほとんどノーブランドでまかなっています。 最近は安いノーブランドでも見た目や素材が悪くないですし、とってもいいですよ! テントだけは少しこだわりがありまして、米軍の中古品で自分と同い年ぐらいの「パップテント」というものです。 ●観光もガッツリしました! ①水の森公園キャンプ場 すごく広くてキレイな公園だったので、コーヒーを淹れて一休み・・・。 近くに釣り堀があったので、夜ごはんのためにニジマスとバトル! 釣り堀といってもほぼ川だったので釣れるか心配でしたが、まさかの50匹以上の爆釣で近くのあんちゃんにお裾分けしました。 ②作並温泉 岩松旅館 せっかく近くまで来たので寄ってみました。 調べたら何やら岩松旅館ならお昼の数時間だけ日帰り入浴をやっていることが判明したので、急いで向かいました。 温泉は内湯だけでなく、川の渓谷沿いに作られた岩風呂も景色が最高でいいお風呂でしたし、 その岩風呂に向かう通路もとても趣があり、素敵な旅館でした。 温泉を楽しんだあとは隣の「信州手打ち蕎麦 作並庵」にお邪魔して、田舎そばを頂きました。 軽く買い出しをしてキャンプ場へ戻ります。 ──至高の浸りタイム 山はすぐ暗くなってしまいますので早速晩御飯です! さっきのつかさ屋で買った仙台牛で焼肉!焼肉!(うますぎたため語彙も写真が少ないです) 今日釣ったニジマスも串焼きで!新鮮なところをしっかり処理したので臭みもなく、川魚特有の香りに炭の焼きの香ばしさ。最高に美味しかったです。 このまま最高な気分で眠りにつきました。 ──── あさです。むちゃくちゃ寒かったです。10月の山は侮れませんね・・・。 朝ごはんには事前に買っていたイギリストーストをホットサンドで頂きます。 寒い山でアツアツの激甘パンを食べていると、とても背徳感がありますね・・・! その後はササっと片付けて、最寄りのお土産屋さんに寄り、ずんだシェイクを飲んで帰りました。 どうでしょう?泊まる場所をキャンプにして小旅行。 時間に余裕もできますし、自由にあっちこっち見て回れて結構いいものですよ? ご興味があれば皆さんもぜひ!!

下田公園でのソロキャンプ!(byハマナカ)

2023.10.20下田公園でのソロキャンプ!(byハマナカ)

どうも。ソロキャンパーのハマナカです。 今回は実際に行ったソロキャンプレポートを書かせてもらいます。 ●今回のキャンプポイント 「下田公園キャンプ場」 ※イオンモール下田から車で約8分 今回は金曜日に実施しましたので、いつも通りまだ空いており設営も捗ります。  翌日の午後にはファミリーキャンプやグループキャンプ等でかなり賑やかになりますが、混雑時でもお隣とは5~8mは離れる感じでゆったりできます。それに景色が素晴らしく、フィールド(芝)も平坦な箇所が多く使い易いことから、ココがお気に入りのキャンプ場なのです。 興味のある方はキャンプ場のホームページを覗いて見て下さいね! ●キャンプレポート 設営をテキパキと実施し、イオンで買い出しをしたら最寄りの温泉で一風呂浴びるのがルーティンです。 テントに戻ったら宴の準備で調理を始めます…! ──至高の浸りタイム どうしたものか「・・・フッ」などとニヒルな笑みでファインダーを覗き肉とビールを撮ります。(ほろ酔い) カメラに夢中になっている中、妙に煙いなと思ってファインダーから目を離したら首に掛けたタオルに火が・・・。(もろ酔い) トイレに行こうとして平坦なとこでなぜかヘッドスライディング。(酩酊) 更に戻った幕内でオーバーヘッドキッ・・・!ここは辛うじて踏み留まるも腰が抜け貞子さながら寝床へIN。(泥酔) ・・・とまあちょっとしたヒヤリ・アウト?はありましたが、これもまたルーティーンのようなもんです。 ──── 夜が明け、朝です。 私的には雨でも晴れでも変わらず最高に朝が好きです。   他のキャンパー達も活動を始めているので、私も朝食の準備を開始します。 焚火を熾し、クッカーで米を炊く傍らレトルトカレーを温めます。 「うめぇ・・・」と思いながら二泊三日をゆるりと過ごし、今回の修行も無事終了と相成りました。   キャンプとは様々なリスクが常に伴いますし、一定の知識・スキルも必要なので決してやさしい遊びではないかもしれませんが、実生活だけでなく仕事に活かせる経験も度々ありますので私にとっては満足度が高い遊びです。皆様も良い遊びライフを!!

一覧を見る

ゲーム部

青森県内のコテージを貸し切り、ゲーム大会を開催しています。大自然の素晴らしいロケーションに癒されながら、近隣のレジャースポットも楽しんでいます。

ゲーム部
春のゲーマー部合宿 in 夜越山

2024.03.09春のゲーマー部合宿 in 夜越山

新型コロナウイルス感染拡大もかなり落ち着き、約6年ぶりに集まるのは平内町の夜越山ケビンハウスです。 メンバーは初期からのメンバーのスミ、トモヤ、ツカサ、アキラの4人。 本当はもっと集まる予定でしたが、他のイベントと奇跡的に重なってしまいました…。 夜越山ケビンハウスは初めてでしたが、とっても雰囲気もよく隣接するスキー場も雪がたくさん残っていて中々のロケーションです。 みんな揃ってコテージに入ると、なんと二階建てですごくいい感じ…! ただ見るポイントによっては昔流行った「かまいたちの夜」のような雰囲気もあって、すこしブルっとします(笑) ブルーのシルエットを重ねたら完全にその感じですね(笑) ゲーム部合宿と言ってもゲームだけするわけでなく、近くのスポットも散策します。 まずは「夜越山森林公園」で名物のサボテンに癒され、名前がカッコイイ最寄りの神社「雷電宮」に今回のクリア成功を祈念しました。 その後、白鳥を見に「小湊のハクチョウの渡来地」とされる「浅所海岸」に行くと沢山いました…! 想像よりも数倍でかいぃぃぃぃぃ!ちょっとでかすぎて怖かったです(笑) 白鳥と戯れたあとは近くのマックスバリューで買い出しをして宴の準備…! アキラママが卵焼きを、スミママがチーズダッカルビを作ってくれました…! ★【飯テロ注意】(音声あります) 4人とも満腹状態になり、やっとゲームを開始です。 今回はまずPlaystasion VR WORLDSで遊んでいきたいと思います。 やはりこういった体験モノは最年長に限る…ということでアキラに体験してもらうことにしました。 ★【可愛すぎ注意】(音声あります) 中々撮れ高もあったため、少し休憩してお酒を嗜みます。(3時間) 夜も深くなりアキラがダウンしたので、3人で本格的に耐久ゲームを始めます。 まずは激ムズゲームの「sekiro」。トモヤの天才的な学習の能力のおかげで鬼刑部まで進めましたが断念。 次はまたまた激ムズゲームの「darksouls」。キャラクリで時間をかけすぎて強制終了。 時刻は3時を回っていた為、サクッと追われる「MetalGearSolid5 GZ」を1時間でクリアし、眠りにつきました。 朝になるとすでにアキラの姿はなく、3人で少し外の空気を吸います。 そして締めとして大人気ゲーム「undertale」を少しやって癒され、合宿解散としました。 今回もゲームというよりただただ色々楽しんだ会となりました。 次はあなたの参戦をお待ちしています!!

2018年 春のゲーマー部合宿 in 小川原湖

2018.03.182018年 春のゲーマー部合宿 in 小川原湖

今回も各グループから選抜されたチームで大きなお仕事を終えたということで、 小川原湖のコテージを1棟予約してゲーム部合宿をします。 今回は10時に三沢市の小川原湖畔に各自集合ということでしたが、 全員遅刻するという最高のスタートを切りました。 10時20分頃に初期メンバーのスミ、トモヤ、ツカサが合流し、その後まもなく新メンバーのハヤト、コウヘイが合流しました。 その後遅れること1時間半、やっとマサオが合流して合宿スタートとなりました。 マサオのダイナミック土下寝で全てが許されたようです(注:これは自発的にネタしています) わざわざ小川原湖畔に集まったのに、今回の合宿一発目は八戸市へ向かい腹ごしらえをします。 選ばれたのはこのメンバーが死ぬほどハマっているラーメン屋「やだら」さんです。 そこで全員「kuro」の大盛とチャーマヨ丼を喰らいきって、店員さんへ「やだらうまがった」と挨拶して店を後にしました。 ※やだらさんは「やだらうまかった」と言うと「やだら入りましあぁぁぁぁぁぁぁぁ!」と掛け声してくれます(笑) 三沢市に戻ってきましたが、コテージのチェックインまではまだ時間があるので小川原湖畔を散策。 そこでバケモノに出会い、木の棒で攻撃されました。 コテージにチェックインしたあとはひたすら食う人と、ひたすらゲームする人の二極化が起こりましたがとっても楽しい時間が流れました。 今回のゲームはスーパーファミコン等のレトロゲームと、今流行りの「青鬼」です。 ゲームもすっごく楽しかったですが、マサオの「恐怖体験談」が秀逸過ぎました。 ●マサオの恐怖体験談 あ…ありのまま 起こった事を話すぜ! ある日、少し暗い現場での仕事だったんだ…。 俺は仕事の合間で仲の良いタカマツと並んで話をしていたんだが、電話が来たためその場で1分ほど電話をしたんだ。 電話を終えて、ふとタカマツを見ると先ほどよりも少し腹がぷっくりしていたもんで、 「タカマツさん、太ったっすね!」と腹をさすったらいつのまにか現場の鬼監督サクライだったんだ…!! 何を言っているはわからねーと思うが、恐怖の片鱗を味わったぜ…! 夜も更けてきて、翌日2時頃にシミズ、スミがダウンしたのをキッカケに全員就寝しました。 その後、朝の7時にみなさん徐々に起床し始め、コウヘイパパがみんなのために朝ごはんを作ってくれることに…! 待っているメンバーはありがたみを感じながらも、朝から「青鬼」をプレイして大盛り上がり。 約10分後、コウヘイパパが作ったのはまさかの激重な「広島風カロリー爆盛のお好み焼き」。 「こんなん朝からだれも食えない…」なんていう人もなく、全員が秒で群がって3分もたたずに完食しました。 食いきった後で締めに入り、解散となりました。 気が付けば最初から最後まで食い続けた会となりましたが、今回もとっても楽しい会で、忙しかった毎日が吹き飛びました。 またみんなで集まりたいですね…!勿論ご新規さんも大歓迎ですので、お気軽に参加くださいーーーー!!

一覧を見る

Contact us

お問い合わせ・ご相談

【青森クリエイト本社】

0175-71-0553

受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝を除く)

ご依頼

【青森クリエイト本社】

ご依頼用フォーム

手帳発行・個人管理手続きについて